めざせ正社員!30代後半フリーターの就職・転職活動記

空白期間6年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

非正規中年フリーター友達に郵便局のアルバイトを勧めたら

 高校時代の友達で大学をちゃんと卒業したものの、ずっとフリーターを続けている友達がいます。

確か医薬品の倉庫で働いているとかだったと思う。時給も1000円ぐらいで、当然子供部屋おじさんをやっています。

そこのアルバイトではかなりの古株のはずで10年以上働いていると思う。

ただ、そこはアルバイトからの正社員雇用はやっていないらしく、そこで何年働こうが、アルバイトはアルバイト。

そんな彼に僕は郵便局でのアルバイトを勧めました。

理由はアルバイトでもボーナスが出ること、有給休暇が取れること、祝日には祝日出勤手当が出ること、何より正社員採用の可能性もあることで、彼に勧めてみました。

まぁ、今でも彼は医薬品の倉庫で働いています。

10年働けるアルバイトは相当居心地が良いはず

アルバイトで10年働いているということは、彼にとって仕事も職場も合っているんだと思う。

下手な社員よりそこの現場歴が長いもんだから、多分、社員にとっては頼りにもなるし、人によってはウザがられていると思う。

バイトリーダー(笑)って奴になっているっぽくて、多分、他の職場で一番下っ端からやり直すのも辛いと思う。

でも、それと引き換えにずっとアルバイトで、時給は1000円程度。退職金も無い。

彼の親は持ち家でもないし、あと10年やそこらで親が居なくなってからが、本当の辛い時期の始まりだと思う。

コロナ渦で変われずに落ちぶれていく人々

別の友達でお店をやっている友人が居るんですが、コロナ渦で大赤字が続いています。

僕は友人として「毎月赤字というのは商売とは言わん。とりあえずコロナが収まるまでは店を閉めた方が良い!」と言っているのですが、意地でも店を閉めません。

今年もコロナ渦は続きます。

でも、彼は店を閉めないでしょう。そして、来年の終わりぐらいにコロナ渦が終わった時には、彼の力(資金力)は尽きているでしょうね。


実は僕は昨年の夏、婚活に挑戦していました。

マッチングアプリを利用して、婚活パーティーに行きました。結婚相談所に入りはしなかったけど、話を聞きに行きました。

結果的に婚活は僕には無理だと辞めてしまった。

婚活に対応した自分に変われなかったからです。

でも、正社員になったら再度挑戦しようと思っています。

もちろん、自分を変えて。

世の中や周りが変わったら自分も変わっていくしかない。