めざせ正社員!30代後半フリーターの就職・転職活動記

空白期間6年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

底辺非正規フリーターでも確定申告で税金が返ってくるケースがある

在宅勤務の時は時間を持て余すので、確定申告の準備をやっています。

とりあえず2020年の分は準備ができたので、過去の分もやりました。

2019年は郵便局で契約社員(ゆうメイトって古い呼び名があるらしい)をやっていて、所得税とかは給料天引きなので申告はいらないだろうと思っていたら、ふるさと納税の支払いの申告を忘れていたせいなのか還付金が貰えそうなので申告することにした。

今年申告する分も年末調整はしてもらっているけど、国税庁の確定申告作成コーナーで計算すると税金が返ってくるようなので、みんなも一度チェックしてみた方が良いと思う。

www.keisan.nta.go.jp

基本的には職場からもらう源泉徴収票さえあればOKなので、数字を入れれば良いだけ。ほかに色々節税とかやっている人は書類が別途いるけどね。

確定申告は面倒だけど覚えるとマジで得すると思う

ちなみに僕も確定申告なんて全くやったことがなくて、ある時慌ててやってみて覚えた。そうするとやらないとむしろ損だなと思うようになった。

確定申告は確かに面倒なんだけど、慣れると必要なものの集め方とか覚えるし、たいていお金が返ってくるし、やっておくべきだと思う。

過去5年間にさかのぼってできるので、確定申告書作成コーナーと源泉徴収票をにらめっこしながらやってみると思わぬボーナスになるかもしれない。

僕は2019年の確定申告と2018年の確定申告でおそらく3万円ぐらいは帰ってくると思う。(結果はあとでまた書きますね。)

社会に出てからのことをもっと子供に教えるべきだと思う

親や学校は子供の頭をお花畑にするのも大事かもしれないけど、高校生ぐらいになったら、仕事とか年金とか税金とか確定申告でとかについて色々教えておくべきだと思う。

昔ならみんな正社員になれて年金も税金も天引きで、出世しなくても定年退職まで居られて、退職金も貰えて年金もしっかり貰えたんだと思う。

でも、今は正社員になるのは難しいし、定年まで働けるかわからないし、退職金なんて無いところもある。

そういうことをしっかり子供に教えるべき…と思ったんだけど、親の世代はそんなことは無いから無理か。

僕が親になったら子供には伝えよう。