めざせ正社員!30代後半フリーターの就職・転職活動記

空白期間6年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

バイト先の好きな人からの悪意のある態度にそろそろ愛想が尽きてきた

 どうもハチです。

本日も無事バイトが終了しました。

バイト先での僕は真面目に仕事しているのが評価されているのか、より上位の管理的なポジションに仕事が移っています。

物流会社で働く僕としては、一番下の現場は荷物の仕分け作業ですが、それを離れて、運送トラックの受付や、トラックが下した荷物の分配などを行っています。

また、その他の作業でもバイトを始めて半年近くたち、ほぼほぼ作業内容は覚えた感じです。

それが面白くないのが、僕が好きな女性です。

彼女は僕より半年前に入ったのですが、僕の方が残念ながら仕事が出来ます。

僕はそれで彼女を見下す気持ちはありません。というか、僕は仕事に関して言えば、営業以外の仕事なら割と何でも出来る方だったので、彼女が特別劣っているわけではないです。

でも、勝気な彼女からしたら面白くないのでしょう。僕のことを徹底無視です。挨拶しても無視です。

後輩が自分より出来るからと言って辛く当たる愚かさに気づけないバカ

今の現場で僕に辛く当たるのは彼女だけです。

僕は彼女のことが好きなのもあり、誰にも彼女のことを悪く言っていません。

みんなが僕に優しいです。

バイトごときでこんな言い方するのも馬鹿げているのですが、僕が彼女に悪意を持てば、彼女が居場所を失うとは言わないまでも、立場を悪くするのは明白なのです。

それでも相変わらずの態度に、何となく僕は愛想が尽きてきました。

バカじゃない?

そう思う時があります。

彼女も30代前半です。10代、20代じゃないのです。嫌いな人とも折り合いをつけていくのが大人です。

そもそも僕が公衆の面前で罵倒したとか、セクハラしたとかなら、彼女の態度も理解できます。

でも、そんなことは僕は一切していないのに、そんな態度なのです。

新世紀エヴァンゲリオンのアスカの名台詞、「あんたバカぁ?」が、心に沸き起こります。

僕に出来る最後に残されたこと

彼女に出来る僕に残された最後の行動は、彼女に無視されても挨拶することだけです。

僕は彼女をそれぐらい傷つけたのでしょう。

僕はバイトで優遇されているので、苦しくは無いです。苦しいのは彼女なのです。

勝手に苦しんでいるとすら言えます。でも、僕は彼女と同じゲームをやるつもりはありません。

悲しいですが、縁の無い人だったのでしょう。

僕は彼女に最後まで敬意を持って接し、次のステップに進みます。

中年フリーターを終わらせるために。