めざせ正社員!30代後半フリーターの就職・転職活動記

空白期間6年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

30代40代無職ニート引きこもりよ!バイトしようぜ!

どうもハチです。風邪を引いて1週間以上も治らず、40代の体力の衰えを感じています。

んで、なんとなく眠れないのでバイトしようぜという記事です。

ちなみに20代、30代とバイトぐらいはしてたけど、最近はバイトもしてなくて無職ニート、引きこもり状態になっている人を想定しています。

40代で4時間しかバイトしていない奴なんてゴロゴロ居た!

夜の物流倉庫

最近バイトにも馴染んで来たので、ちょいちょい話をする人も出来てきました。そうすると40代なのに親の扶養に入っていて、扶養を抜けない程度にしかアルバイトしていない人がうちの運送会社にはゴロゴロ居ることを知りました。

どんな人かというと、別に仕事も真面目だし、酒も飲んだり、たばこも吸う人も居る。むしろ真面目で優しい人が多い。

でも、短時間しか働かない。

まだ理由を聞けるほどの関係じゃないんですけど、それもありかなと最近思うようになりました。

以前の僕は短期アルバイトをしながら、親の扶養に入っていて、早く就職しなきゃと悩んでましたが、それはそれで僕の階段の一段であり、そこを経たから今フルタイムの契約社員(フリーター)になれたと思います。

みんな色んな道、階段を上っているんだし、それを最速、最短で行く必要なんてないんだと最近気づきました。

みんな正社員になれて、結婚して、子供を作れるわけじゃない

ライフステージ

正社員、結婚、子供というのは一つの基準、ゴールかもしれないけど、みんながみんながそこをゴールできない。

いや、そんなの望んでない人だっている。

でも、その社会のゴール的なものが、自分を卑下したり、苦しめたりすることがあるけど、別にそんなゴールなんて気にせずに、自分の階段上って、行けるところに行くだけでも案外人生幸せにやれるんじゃないのかなと最近思っている。

だって、うちの会社にはゴールしていない人が一杯いるし、そんな人でも休憩時間や飲み会では笑ってたりするしね。

ネットじゃ見えない、見つからない人達と多く出会うことで、今まで知らず知らずのうちに自分を縛っていたゴールというか基準から少し自由になれた気がしている。

短時間でもバイトして他の人間と接する大事さ

コミュニケーション

先日、他の人のブログを読んでいて、なるほど!と思ったことがある。

それは人間は自分でテレビやネットから情報を得てはいるが、他人との会話でも相当な量の情報を得ている。

それが学校やバイト、会社を辞めて、他人から情報を得られなくなると、一気に情報か偏り、得られる情報量自体も少なくなるというもの。

それは僕自身も仕事を辞めて痛感したし、今、フルタイムで働いてさらに痛感している。

そうして得られた情報というのは、自分では検索しない、求めたりしない情報なので、自分の考えにないもので得難いものであったりするんだよね。

だから、短時間でもアルバイトすることで、引きこもって煮詰まっている状態から抜け出すきっかけにもなると思う。

バイトしたからと言って、引きこもっていて、すぐに人間関係作るのは自分でも簡単じゃなかったけど、他人の会話聞いてるだけでも違うもんですよ。

少額でも金が稼げると自由が広がる

バイト代

短時間アルバイトの場合、大した金額は稼げないだろう。

しかし、長くデフレが続き、なんでも安い日本である。ステーキも食えるし、刺身も食える。お菓子も食えるだろう。

アイドルのCDもDVDだって買えるし、漫画も買える。マンガ喫茶で漫画を読みまくることもできる。

こういったことができると人間、欲が出てくる。

もっと●●しよう!

という気持ちになってくるものだ。

変に貯金などせずに、短時間アルバイトで稼いで豪遊してみると、人間が持っているいい意味の欲望が復活してくるはず。

僕は色々服を買い過ぎたけど、まぁあれはあれでよかったかなと思う。

見た目を気にするのも、大事な欲望だし。

今はいろいろ落ち着いて、筋トレでもしようかというぐらいまで欲望のレベルが上がってきているところ。

あとがき

階段から落ちる

全然まとまっていないんだけど、本当に書きたいことは何かというと、

俺は階段の1段目が登れずに居たのに、なんであんな5段目、10段目の先のことばっかり考えてたんだろう?

ということ。

まずは目の前の1段上って、そこで一休みして、それから次の階段のことを考えれば良いのに、「わー1段目登れねー!まだまだ階段の先があんのにー!」みたいにパニックになってた。

目線は遥か上に、でも足は一段目でもつれたまま。

それがこのブログを開設してからのつい最近までの自分だった。

1歩1歩進んで、そこでまた考えりゃ良いということに、つい最近気が付いた気がする。

だから、今は先のことは心配していない。その時に考える。

同胞よ。バイトしましょう。

お題「どうしても言いたい!」