めざせ正社員!30代後半フリーターの就職・転職活動記

空白期間6年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

フリーターと契約社員(期間雇用社員)の違いなんて無いけど、実際はあるよね

とりあえず短期、短時間アルバイトとしての物流会社との契約が終了した。短期契約としてここで働くのは5回目が終了したことになる。

人間関係を恐れていると最近書いたけど、良好な人間関係を築けるようになった人も多く、次はいつ来るの?みたいな声を掛けてくれる人も多かった。

コミュ障気味だけど声を掛けてくれる分には嬉しいし、一時的とは言え、辞めることに後ろ髪を引かれるような気持ちにすらなった。

まぁ、実際に入ってみると問題は絶対に起きるし、困ったこともダルいなぁと思うこともあるんだろうけど、今はとりあえず自分にお疲れさんという気持ち。

フリーターと契約社員(期間雇用社員)の違いは実は無い

さて、これまでは短期契約のフリーターだったけど、今度正式に契約社員として契約し、週に5日、1日8時間勤務することになる。もちろん、社会保険にも加入し、雇用保険なども支払うことになる。

んで、ふと気になったんだけど、フリーターと契約社員の違いって何だっけ?と思ってwikipediaを調べてみた。

すると、

契約社員⇔正社員(無期労働契約)

契約社員(けいやくしゃいん)とは、企業などと期間の定めのある労働契約(有期労働契約)を結んで職務に従事する労働者のことを言う。

期間契約社員、期間社員、有期間社員、期間従業員、臨時社員、準社員、派遣社員(登録型派遣)などともいう。

契約社員 - Wikipedia

フリーター⇔正社員

フリーターは、日本で正社員・正職員以外の就労形態(契約社員・契約職員・派遣社員・アルバイト・パートタイマーなどの非正規雇用)で生計を立てている人を指す言葉。学生は含まれない。中学校卒業・義務教育課程修了後の年齢15歳から34歳の若者が対象である。

フリーター - Wikipedia

以上のようなことが書かれてあった。

つまり契約社員とは契約期間の決まった労働契約を会社と結んでいる労働者のこと。

フリーターとは正社員以外の労働契約で働いている労働者。

つまり、両方ともある意味正社員との対義語としての意味を持っているので、一緒でもある。

フリーターと契約社員(期間雇用社員)の違いは有給休暇に社会保険などある

f:id:ko-knife:20180927014755j:plain

実質、契約社員とフリーターの意味が契約上では同じだとしても、実際の労働者としての感覚ではフリーターと契約社員では大違い。

フリーターがとにかく時給で働き、休めば無給で、福利厚生なし、有給休暇や賞与なし。

一方で契約社員は社会保険に加入し、有給休暇が認められて、契約によっては賞与もある。

こんな感じだと思う。大企業のバイトなんかだと一応契約書を交わすけど、町のお店だとそんなのないしね。

大企業のアルバイトだって契約書を出すけど、別に待遇なんて変わらない。有給をくれるアルバイトなんて聞いたことないしね。(あ!JRAのアルバイトは賞与も有給休暇もあると昔聞いた。)

契約社員として募集している場合は、企業も時間や日にちを限定したシフト制勤務ではなく、フルタイム勤務(1日8時間、週5日勤務)でその代わりに社会保険に加入できたり、有給休暇を貰えたりする。

法律上はどちらも同じで社会保険への加入や有給休暇などに違いを作ってはいけないんだけど、実際はフリーターと契約社員としての勤務には違いがあるのは事実。

労働契約やその他法律をちゃんと守る大企業で働こう

f:id:ko-knife:20180927014822j:plain

精神的に欝気味になって、短時間の勤務しかできる自信がなかったので、今までは短期契約を繰り返してきた。

しかし、それでも5回も短期契約を繰り返すと、合計では1年を超えるし、有給休暇や賞与(というか寸志)もうちの職場では貰えたのだからもったいなかったなと思う。

雇用保険料も払っていれば、失業保険を貰うことも出来るのだし。

僕みたいな非正規のワーキングプアは、とにかく法律を守るような大企業とかで働くのが大事だと思う。

稼ぎが小さい分、少ない賞与でもありがたいし、貯蓄なんてほぼ無い中、病気で休んでも有給休暇で休めればお金が貰えるというのは助かる。

一方で中小零細企業は、30代でのバイトの応募というか、雇ってくれるかどうかにおいても年齢や性別で人を選ぶ傾向が強く、僕は面接にも呼んでもらえなかった。

大企業はとりあえず面接を受けさせてくれたりするので、僕は途中から大企業にしかバイトでも応募しなくなった。

ということで、雇用の面でも待遇の面でも、大企業をお勧めする。

僕の契約社員としての待遇

f:id:ko-knife:20180927014837j:plain

給料:額面で約20万円(手取り16万円ぐらいを想定)
賞与:あるらしいと聞いているが寸志だろう。
休み:週に2日(年末年始、夏休みなどの長期休暇は特になし)
有給休暇:支給してくれるらしい。試用期間があるのでまだわからない。
社会保険:完備

年収200万円がワーキングプアなので、ワーキングプアよりは稼げることになる。

このぐらいの手取りなら自分の住んでいるところでもギリギリ一人暮らしが出来るので、夢の一人暮らし生活に向かって頑張ってお金を貯めようと思う。

すでにどこに住むかとか考えてわくわくしているので、来年中には一人暮らしというビッグイベントがある予定である。

あとがき

実は12~3年前になるが、その頃にも半年ほど契約社員として働いていた。

当時40代後半の人で、僕に良くしてくれた同じ会社の契約社員が、年末の源泉徴収表を見ながら、「とうとう人生で年収400万円以上稼ぐことは出来なかったなぁ」みたいなことを言っていたのを思い出す。

ちょうど今の僕と同じ年代、40代前後の男女がたくさんいたが、あの人たちは今頃何をしているのだろう。今は50代前後だろうから、うまく正社員になれたのか。

たまには酒を酌み交わす雰囲気の良い職場(というかグループ)だったので、ふと思い出すことがある。

あの後、僕はうまく正社員に成れてリーマンショックの衝撃からは身を守れたのだけど、彼らはあのまま非正規だったなら直撃だったろう。

今も非正規スパイラルを彷徨っているのか、それとも。